永久脱毛の方法の種類について

脱毛にはさまざまな方法がありますが、永久脱毛までの効果を期待しているのなら二つの種類があります。

医療レーザー脱毛は、美容クリニックなどの病院でのみ行われている施術です。多毛症などの病気の人のための治療としても利用されており、レーザーを肌に照射していきます。施術日から一週間ほど経過すると、毛根からムダ毛が自然に抜け落ちていきます。レーザーは、毛が生える組織を壊すことができるので、抜けた後は毛を作ることができなくなっているので生えてきません。ただし、成長期に入っている毛に対してのみ効果を発揮する施術なので、退行期や休止期の毛には作用していないことになります。つまり、その部位を完全に永久脱毛するためには、期間をおいて何度か受ける必要があります。

レーザーには種類があり、使用しているマシンの種類もクリニックによってさまざまです。日本では、一般的な黄色人種の人の肌色に合わせたマシンが導入されていることが多いのですが、色黒肌の人に合ったマシンもあります。また、脇毛や男性の髭など根深い毛に効果を発揮する波長が長いマシンもあります。

もう一つの永久脱毛の種類として、ニードル脱毛があります。これは、細い針のような機材を毛穴にさして電気を流し、毛根を焼くという方法で進められています。人の手作業によって一本ずつ処理をするので時間がかかることになり、それによって料金も高額になりがちです。しかし、レーザーを照射できない部位やレーザーが反応しにくい毛に対しても効果を発揮する方法として活躍をしています。レーザーは、黒い色に反応するという特性を生かしているためにほくろの上には施術ができず、白髪になると光が反応しないことになりますが、ニードル脱毛ではどんな肌色や毛にも処理が可能です。

男性も医療機関で脱毛を受けているってホント?

永久脱毛は、女性だけがするものだと思っていませんか。ホントのところ、男性の間でも医療機関で脱毛を受ける人が増えているのです。最近は、ファンデーションを塗っていたり、すね毛を薄くするために自己処理するなど男性の美意識も高まっていますよね。鼻下の毛や髭の濃さが気になる方も多いようです。

確かに毎日髭を剃らないといけないのは大変ですよね。毛が濃い方は、朝しっかり髭を剃っても夕方には、伸びてしまって、だらしなく見られてしまうこともありますよね。しかし医療脱毛をすればそんな悩みも解消されます。サロンのレーダー脱毛は、威力が弱いので定期的に通わないといけないのですが、医療機関で受ければ、数回通えばあれだけ濃かった髭も理想に近づけます。また残したい髭なども指定できるので、なりたい自分になることができますよ。

しかし医療機関で脱毛を受ける場合は、レーザーの威力が強くなるので痛みを感じる場合があります。しかししっかりとケアしてもらえるので、少し我慢すればツルスベ肌を手に入れることができます。毎日自分で髭剃りをしていた時は、お肌が乾燥していしまっていた方も多かったのではないでしょうか。

これでカサカサお肌ともおさらばできますね。朝の髭を剃る時間が短縮できるので、忙しい朝の時間に少し余裕ができますね。また医療機関での脱毛では、髭だけでなく、VIOなど気になる部分の施術を受けることができます。男性であっても清潔に保ちたいのでVIOを受けたいが女性看護師だと恥ずかしいなど色々な思いがあると思います。ですから、最近は、施術してくれる看護士の方が同性のクリニックもあるのです。コンプレックスを解消してさらになりたい自分になりましょう。医療機関での脱毛は、ホントにメンズの方にもおすすめですよ。

男性のひげは自宅での脱毛がオススメ!

ひげの濃さに悩む男性は多いですよね。女性からも清潔感が求められる時代になっていますから余計に気になるという人は多いことでしょう。そんな悩みを持っている男性にオススメなのが脱毛をしてしまうことであり、自宅でもできますのでエステやクリニックへ行くのは抵抗がある方でも安心です。

自宅でのひげ脱毛をする方法ですが、脱毛器を使用するのが人気となっています。以前は家庭用の脱毛器というとあまり効果がなかったり、その割には価格が高めだったりと良いところがありませんでした。しかしながら現在では脱毛器もかなり進化し、効果に期待ができると共に価格もリーズナブルになっていますのでハードルも低いです。実際に男性の中にも脱毛器を使用してひげのお手入れをされている方も増えており、もちろんひげ以外の部分にも使用することができますので、全身のむだ毛をどうにかしたいという人にもオススメです。

ただし、脱毛器を利用する際には注意点もあります。

まず製品選びをきちんと行うようにしましょう。いろいろな製品が登場しているのですが、中にはあまり効果がない物も存在します。そういった物に当たってしまうのはがっかりですから、評判を確認するなどしてから効果に期待ができる物をチョイスした方が良いと言えます。

無理なお手入れ方法にしないことも大切です。自宅で簡単に使えますのでついつい適当な使い方になってしまうこともあるようですが、家庭用と言えどもそれなりの出力もあって肌への負担になる恐れがあります。正しく使用すれば安全に用いることができるものの、例えばいきなり高い出力で使ったり連続で使用するといった無理な使い方ですと肌を傷めますので気を付けましょう。